気になる症状とは|怖いフィラリアもストロングハートさえあれば解決!

気になる症状とは

白い錠剤

万が一フィラリアに感染してしまったら、実際にどのような変化が犬の体におとずれてしまうのか?
まずフィラリアに感染したその瞬間からしばらくは、まったく何の変化も起こりません。
つまり飼い主も犬もフィラリアに感染したことにすぐは気づかないのです。
だから気づいたときにはすでにフィラリアが犬の体内であばれているタイミングであることが多いです。
そのタイミングによってはもうストロングハートでも治らないので、大事な愛犬が死んでいくのをただ見てることしかできなくなるでしょう。

じゃあフィラリアに感染したときに見分ける方法はないのか?
まずフィラリアに感染してしばらく経つと、犬が咳き込むようになります。
この咳こそがまさに黄色信号だと思っておいてください。
咳をよくするようになっていればそれはフィラリアの可能性が予想されます。
だからすばやく病院へ連れて行ってあげることで、すぐにストロングハートの投与を開始できるようになるでしょう。
なお咳症状以外にも色々な感染状態をみることができます。
たとえばまったくエサを食べなくなったり、散歩に行くことを拒むようになったり、あとはおなかに水が溜まるといった現象もあります。
しかしこれらの現象は咳症状からさらに深刻化したときの状態になるので、タイミングが悪ければ完全にアウトだと言えるでしょう。
とくに血尿を出すようになったらフィラリアがしっかり活動を開始してる可能性が高いので、ここまで来るようになるまでにストロングハートを使いましょう。
また突然状態が急変し苦しむことがあったら、すぐに病院へ連れていってください。